オール電化のデメリット|岐阜県岐阜市

TEL050-5218-2278
受付:9:00~18:00 土日祝休

オール電化のデメリット

photo

オール電化にすることで、光熱費の節約や災害時のリスクの減少などのメリットがある一方で、停電時の対応や導入時の費用の問題などのデメリットが存在します。

導入費用が高額

オール電化にするためには、最低限ガスコンロをIHクッキングヒーターに、ガス給湯器からエコキュートに換える必要があり、それぞれの機器の購入費用と工事費用がかかります。

オール電化にすることによって節約された光熱費できちんと元が取れることを踏まえた上で、オール電化の導入を検討した方が良いでしょう。

もちろん、その間やその後に故障が起きた際の修理や部品の交換、定期的なメンテナンスなどによる費用を考慮しておくことも重要です。

停電時の対応

オール電化システムは、停電してしまいますとすべてが使えなくなってしまいますので、停電時の対応として、カセットコンロや石油ストーブなどを用意しておくと良いかもしれません。

日中の電気料金

オール電化で導入されるエコキュートは、深夜の電気料金の安い時間帯にお湯を作ることで、トータルの電気料金を節約するシステムです。そのため、日中にも電気をたくさん使用する家庭の場合、あまり節約の効果が見られないケースもあります。

一方、仕事などで日中にはあまり人のいない家庭の場合は、オール電化による電気料金の節約効果が得られやすいとも言えます。

電磁波のリスク

電磁波はパソコンや携帯電話はもちろんのこと、電子レンジや冷蔵庫、テレビやエアコンなど電化製品から発生します。

電磁波のリスクに関する研究はまだまだ歴史が浅いことから、因果関係については完全に証明されているとは言えませんが、中には電磁波が原因で体調を崩す人もいるようです。

オール電化にすることでIHクッキングヒーターからの電磁波も発生するようになるため、電磁波が気になる人や電磁波の影響を受けやすい人が家庭にいる場合、オール電化の導入には慎重な検討が求められます。

衛生面の不安

オール電化で使用するエコキュートは、夜のうちに沸かしたお湯を貯蔵しておき、昼間などに割り振ることで電気料金を節約するシステムです。

そのため、時間が経過するごとにタンクの中が汚れていくことになることから、定期的なメンテナンスによって、衛生面の不安を取り除く必要があります。

井戸水とエコキュート

井戸水を使用している家庭でエコキュートを導入しますと、井戸水に含まれるミネラル成分がエコキュートの中で詰まってしまうため、故障の原因になりやすいようです。

そのため、オール電化の導入を検討している場合には、事前に水質検査をしておくことでリスクを減らすことにつながります。

↑ PAGE TOP